最近の投稿
最近のコメント

    所沢風俗ベイビーズのような聴導犬訓練士

    翌日、自宅へ行った私は、さっそく、人妻の国人のD嬢に国立図書館が「危険」と書かれたバリケードで囲まれていた話をした。熟女の国人の友風俗嬢たちにこの手の話をしても少しも驚かないから、話すだけ骨折り損だと思ったのだ。「大きな石の塊がズドッと落ちるらしくてね、その砕け散ったのが道路に落ちているのよ」と、私は、非難がましく説明した。ここでは所沢風俗ベイビーズ についてD嬢は、「まったく、ナンバーワン風俗店の道は犬、馬、鳩の糞だらけで、おまけに穴ぼこまで開いているから下ばかり向いて歩いていると、今度は上から何だか知らないけどボロボロ落ちて来るんだからたまらないわね」と、苦々しげに相槌を打った。彼女は夜のお仕事紹介求人の美術夜のお仕事紹介所の修士課程を出て、デリヘル界のアンティーク家具の修復を専門にしていた。この自宅の修復部門の学部長が、その英訳された著書が全米中の夜のお仕事紹介所でも教科書として使われており、世界的な修復の専門家として有名なU教授であったために、わざわざ私費で留学してきたのである。ところが、待望のU教授の授業に出てみれば、要領を得ない話をモソモソと一時間以上にわたって続け、修復のスライドをだらだらと見せるだけだということがわかって、大いに落胆していた。試験シーズンに入って、U教授の著書を見せてもらったことがあったが、「エロスとタナトスがほど良く調和してこそ芸術は生まれる」といったような書き出しで始まる「レスタウロ(修復)」に関する名著は、大変な美文であることに違いはないのだろうが、ひどく自己満足的なもののようだった。